40歳からの週末テニス愛好家のために

たった
 1時間で劇的上達のコツ
 


その秘密を公開しましょう
 
 
 
あなたのテニス歴は何年ですか?
 
40歳からの週末テニス愛好家でしたら、10年以上のテニス歴の人も多いと思います。

 当然ながら、テニススクールを受講したり、テニスの実用書を読んだり

 最近では、「ほっといても上達できるテニス」などの情報商材を購入している人も多いと思います。


※ 日本ランカーのゲームを見てイメージを頭に焼き付けるだけで、上達するとのことです。

上記の情報商材の作者は、体力があり、運動神経が良いので、見るだけで上達できたのでしょうが
私も 数多くのプレーヤーを見てきましたが、そのことで上達した実感はありませんでした。
 
 手前味噌ですが 私どものこの商材「40歳からの週末テニス 1時間で劇的上達のコツ」では

 特別なことや 特殊なことは書いてないと考えます。

 誰もがわかっているようなことでも目先にとらわれて、気付かないことを

 整理してわかりやすくまとめましたつもりです。
伸び悩んでいませんか?
 
それは、ほとんどのテニススクールや実用書、DVDなどのテニス教材は、

世界のトッププロのフォームを目指した指導となっていて、

40歳からの週末テニス愛好家に合わないからです。
 
 DVDやトッププレーヤーのフォームでは?
 
トッププロ憧れることは、とても大切なことであります。

テニスのモチベーションを上げる効果も否定できません。

しかし、トッププレーヤーのイメージどおりにプレーしても、

近いプレーができるのは1割あれば良い方だと思います。

また、トッププレーヤーは、私たちの想像以上の運動神経と体力と豊富な練習量です。

それを元にフォームを築き上げています。

危険なのは、その基礎部分は見えないので、

トッププロの表面的な動きのみを自分の目指すべき理想のフォームと思い込んでしまいます。

つまり、
腕やラケットの角度や振りに関心が集中します。

その間違った考えで10年経過しても、そのプレーができるはずはありません。
 
 テニススクールでは?
 
私も数年受講したことがあります。

しかし、自分では上達した実感がありません。

ただ、私は指導員として、テニススクールを知る上でとても参考になりました。

結局 テニススクールは、生徒を多く集めて、1年でも長く継続することで経営しています。


受講生にも悪い部分があるのです。

受講者は、テニス上達に本当に必要な練習よりも

テニス指導員のボール出しを望みます。


テニス指導員がボールを出してくれないと 

このテニススクールは、サボっていると悪い評判が広がってしまい経営が継続できません。

つまり、このジレンマから抜け出せないのです。
 
10年間練習を続けて上達しなかった弱小テニスサークルが 

考え方を変えたことがきっかけで

奇跡の2年連続準優勝?
 
「ちょっとだけ考え方を変えるだけでテニスが上達する」

永年、テニス指導に関わってわかった答えです。

私は人見 浩と申します。

1960年に栃木県那須に生まれ、そのまま在住しています。

宇都宮大学在学の時に地域のテニスサークルに出会い、

卒業と同時に那須に戻ってすぐにテニスサークルを発足しました。

ストロークやボレーなど 私がボール出しをして

大学の時のテニスサークルの練習法をそのまま10年行いましたが、上達しませんでした。

市内の10のテニスサークルでの対抗戦では、いつもダントツの最下位でした。

そんな時、テニス指導員の資格を取得したことから、

今までの練習法を全て変えると3年後にはサークルの対抗戦で準優勝できました。

その翌年も準優勝でした。


正直 私は運動神経が悪く、テニスが上手くありません。

上手くないからこそ、どうしたら勝てるか考えました。

これを読んで、テニスライフで豊かに暮らせる人が増えることを心より願っています。


40歳からの週末テニス愛好家のための

テニススタイルの考え方と

すぐにできる上達法を伝授します。

 
ウォームアップと練習は違います
 
仲間とストロークやボレーで打ち合う簡単な練習などどこでも見る風景です。

これは、ウォームアップとして、とても大切です。

しかし、あくまでもウォームアップでしかありません。

ウォームアップを練習と勘違いして、練習時間のほとんどを、

このようなウォームアップだけしていて、練習したと錯覚してしまうことが上達を阻んでいます。

ウォームアップは、10分程度で切り上げて、戦略のための練習法に時間を費やすことが大切です。
 
40歳からの週末テニスとは?
 
手軽に しかも比較的安価でできるスポーツとして中高年にテニスが人気あります。

しかも、練習風景を見ると

多くのプレーヤーが上手にプレーしているなと感じます。

また、 20代のような体力やボールのスピードにビックリします。

しかし、仲間同士のゲームになると、ミスを連発したり

さっきまでのボールのスピードが影を潜めてしまっているのを数多く見ています。

そのような光景を見るといつも思います。

テニスの考え方を少しだけ変えるだけで

仲間同士の
ゲームで勝てるのに もったいないな」と
 
目的や目標は何ですか?
 
自分が草トーナメントやそれ以上を目指すのか

健康維持や仲間づくりを目指すのかで テニスのスタイルが変わってきます。


最近は、シニア大会なども盛んですので、

40歳から10年計画を立てると

50歳以降のシニア大会などでの上位進出や優勝なども可能性があります。

定年後にシニア大会で、

全国を漫遊するのもテニスならではの醍醐味です。



しかし、残念ながら、週末テニスしか時間の割けない人は

ここでの内容以上の濃い練習メニューを考えないと

草トーナメントに参加することだけが目的になってしまいます。

 
仲間同士のゲームとちょっとだけ草トーナメントが目標?
 
40歳からの多くのテニス愛好家は、


鈍ったカラダを週末のテニスでリフレッシュすることを目的にしています。

また、会社以外の仲間づくりも大きな目的です。


テニスだけでなく 

アフターテニスで冷たいビール片手に談笑するのがたまらないのです。


その美味しいビールを飲むために、テニスのゲームで

スカッとしたプレーをしたいのです。


仲間同士のゲームでも勝てば ビールが美味しくなるし

負けると苦くなります。

仲間同士で、自慢しあいながら、美味しいビールを飲みたいものです。


たまに、市民大会などの草トーナメントに出で勝てれば最高です。

 
プロの真似はまぼろしになりがち?
 
テニスのフォームやスタイルには、流行があります。

トッププロのプレーがそのモデルです。

プロのコーチも流行に敏感で、それを目指して指導します。


しかし、40歳からの週末テニス愛好家とトッププロでは

年齢や体力 精神力とも大きく異なります。


それなのに同じフォームを目指すのは、到底無理です。

まして、体力が落ちていくので

10年頑張ってもまぼろしに終わってしまいます。

テニスの実用書なども流行を意識して、

フォームなどが書かれています。


単に真似することは、時間の無駄になりがちです。
 
自分が理屈に納得できるフォームですか?
 
頭ごなしにフォームを奨める指導には従わないこと

テニスの目的や年齢及び体力で個々にフォームが異なるはずなのに

テニスの実用書やマニュアルだけを読んで

全員に同じフォームを強要するテニス指導の風景を多く見ます。


良いコーチは、受講者の自主性を尊重して、フォームを極端に変更することは少ないです。


また、フォームも 全てに 理屈があります。


指導を仰ぐときは、

その理屈が自分で納得するフォームのみ採用してください。

理屈が曖昧だと不安が解消されませんのでゲームに集中できません。
 
テニスが上達するほど仲間が増える?
 
テニス仲間でも、上手な人と打って習いたいとか チャレンジしようとする気持ちになります。

よって、
上達するほど 仲間からテニスの練習やゲームに誘われます。

サークル内でも有名になり、

新会員などの自分の面識のない人からも声をかけられ、仲間が増えます。

さらに上達します。
 
テニスが上達するほど人格も向上?
 
仲間同士でも有名になると言動も注目されます。

そのことで、人格向上につながります。

今後の人生に、とても大きな糧になります。
  
日本一下手なテニス指導員だからこそ

下手な人の上達法を研究できました
 
私も日本のトップコーチなど数多くの指導員やプレーヤーの指導を勉強しました。

テニスの上手な指導員は、自分の経験や自慢を前面に出して

「このように打てば良い」と頭ごなしに、押しつける人も多いですが、

私のように運動神経も悪く 体力もないテニス愛好家には 

マスターできませんでした。

 
テニス公認指導員の資格を取得したことがきっかけで、

劇的に変わりました
 
私(人見)なら

「40歳からの週末テニス

1時間で劇的上達のコツ」

を提案できます!!
作者:人見 浩
財団法人日本体育協会公認テニス指導員
平成6年に取得(2005年に更新済) 下記

 問い合わせ&ご感想などは、
 お気軽に下記にメール下さい。
hitomi@nasuclub.co.jp
 
 
 目  次
 
はじめに

目次

基本的な流れ

戦略からフォームづくり

第1章 40歳からの週末テニスは、人生設計が大切

第2章 すぐに変えられること

第3章 確率の高い戦略 定石に徹する

第4章 確率の高いフォーム 定石の打ち方

第5章 確率の高いコースに打つ 定石の戦略

第6章 メンタル100%発揮法とは

第7章 レベルに合った練習の定石

第8章 効果的練習メニューの定石

おわりに

 
ちょっとだけ 紹介すると

◆ 40歳からの週末テニスは、人生設計が大切

    限られた環境や時間で上達の秘訣


◆ 中級者なのに初級者の練習を続けている

    初級者と上級者の練習メニューは近いですが

    中級者の練習メニューは、初級者と上級者とは全く別物。


 
少し 補足しますと

 ●初心者や初級者は、

  何もわからないので

  初心者や初級者の
打ちやすいボールをコーチが出して練習します。


 ●中級者が同じ練習メニューを行うと

  多少自分の思い通りに打てるので、強打する場合が多いです。

  強打して、ストレス発散やテニスの体力向上には役立ちますが

  10年間その練習メニューをしても上達しません。


 ●上級者は、違います。

  同じ練習メニューを行うと

  上級者は知識が高いので、自分でフォームや打ったボールのコースを確認しながら

  それを向上させようと意識して打つので、効果があります。


 ●中級者は、低い知識と意識のままボール打つ傾向が多いです。

  よって、自然に意識してボールを打つように仕向ける

  「
ある方法」の練習メニュー中心がコツです。

ご注文された方に   特典!!
 
全力でサポートさせていただきます
 
 30日間無料メールサポート致します!(10,000円相当)

あなたが確実に成果が出せるよう、個別サポートをお付けします。

これだけでマニュアル代金の元が取れますので、遠慮なく私に相談してください。

※集中して対応をさせていただきますので、メールサポートの人数を限定します。
 
インターネットや書店では、絶対に手に入らない情報です。

銀行振り込み、郵便局振込み、コンビニ支払い

クレジット決済で簡単に決済できます
 
初めての販売につき モニター価格 ¥8,800円
 
 ご購入はこちら
トップ特定商取引の表記
 
マニュアルについて不明な点がございましたらメールにてお問い合わせ下さい。